教育研究支援員制度

教育研究支援員とは

本制度は、女性教員が出産・育児・看護・介護の理由により教育研究活動を断念することなく教育研究の意欲を維持し向上させることができるようにするための支援策の一つとして、教育活動と研究活動を支援する者を配置する制度です。支援者として博士後期課程修了者等を採用することにより、支援者が研究者として独り立ちするまでの期間、経済支援を受けながらキャリア継続の意欲を維持できるようにすることも目指しています。
本制度は、支援者と被支援者双方のキャリア形成、キャリア復帰等のチャレンジ支援・再チャレンジ支援に寄与することを目的としています。この観点から、支援者として、現在職業についていない本学大学院博士後期課程修了者を教育研究支援員候補者とすることを推奨します。
 なお、2016年度より、育児・看護・介護に携わる男性教員で以下の要件を満たす場合は、本制度の利用が可能となりました。
 募集は、年2回(例年3月・8月)、配置期間はⅠ期5月~9月、Ⅱ期10月~3月配置となります。
      

教育研究支援員制度利用者の要件

ダイバーシティ研究環境支援本部において、妊娠中の方や、小学校3年生以下(原則)の児童を養育中の方、看護や介護に携わっている方や、自身の病気又は怪我の理由により教育研究上の支援が必要となる本学常勤の大学教員(教授、准教授、講師及び助教)に対して、その教育及び研究活動を支援する「教育研究支援員」を配置します。
(病気・怪我の場合は、Ⅰ期Ⅱ期それぞれの全期間にわたり継続的に事由が生じることが予想される場合)

本制度は男性教員も利用いただけます。ただし、男性教員で配偶者(事実婚を含む)がいる場合は、配偶者が研究機関(大学(本学を含む)及び大学共同利用機関、文部科学省の施設等機関のうち学術研究を行うもの、高等専門学校))における常勤の研究者である場合に限ります。
      

お問い合わせ

ダイバーシティ研究環境支援本部
e-mail:j-kaikaku(a)cc.nara-wu.ac.jp
     
※E-mailをお送りいただくときは、上記アドレス内の「(a)」を「@」に書き換えてください。
スパムメール対策ですので、お手数をお掛けしますがご協力のほどお願いいたします。