ごあいさつ・基本方針

ごあいさつ

本学の基本理念に基づいて、女性の活躍を応援

 奈良女子大学は、昭和24年(1949年)5月に奈良女子高等師範学校から国立大学に昇格してから、三学部一研究科体制の今日まで、女性人材の養成機関としての責任を果たすために、可能な限りの努力を続けてきました。平成12年(2000年)11月には大学の基本理念が制定され、その第一番目に「男女共同参画社会をリードする人材の育成―女性の能力発現をはかり情報発信する大学へ―」が掲げられました。この基本理念に基づいて、本学ではこれまでに教育・研究・社会貢献における男女共同参画に向けた取組を推進し、学内外における女性の活躍を応援してきました。

男女共同参画推進機構の設置、女性人材育成のための環境整備

 平成17年11月に男女共同参画推進室が設置され、地方自治体等における活動に呼応・連携するとともに、全学的な視点から学内における活動を総括する体制が整えられました。平成18年度には、文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業に採択され、「生涯にわたる」「共助」をキーワードに、ハード・ソフトの両面から女性の教育研究環境整備の促進が図られました。この事業では、教育・研究活動と育児・介護との両立支援、若手女性研究者のキャリア形成支援、次世代女性研究者養成の推進、男女共同参画のための意識啓発活動等に取り組みました。平成22年度には、科学技術振興調整費「女性研究者養成システム改革加速」に採択され、これに基づいて理工系分野の女性教員の採用促進が図られ、平成24年5月現在の全学女性教員比率は30%以上になりました。女性教員の増加は、学生にとってのロールモデルの増加であり、女性人材育成の良い循環につながります。また、平成23年度に科学技術人材育成費補助事業「ポストドクター・インターンシップ推進事業」に採択されたことを契機に、女性ポストドクターに対するキャリアパス形成支援に向けた応援の姿勢も明確に打ち出しました。


 平成24年12月、男女共同参画推進室の組織の名称が、「男女共同参画推進機構」にあらためられ、「奈良女子大学男女共同参画推進機構規則」が制定されました。また、その運営を担う「奈良女子大学男女共同参画推進機構運営委員会」が設置され、その規程が整備されました。


 平成28年度から第3期中期目標・中期計画の下での活動が始まることに伴い、男女共同参画推進機構では、女性研究者の研究活動の支援効果の向上を目指して、「女性研究者共助支援事業本部」と「女性研究者養成システム改革推進本部」を統合して「ダイバーシティ研究環境支援本部」を設置し、機構長平成28年4月からは3本部体制(男女共同参画推進本部、ダイバーシティ研究環境支援本部、キャリア開発支援本部)で活動を推進しています。


学内外の多くの方々のご理解とご協力に支えられて、これまでの事業を展開することができました。奈良女子大学は、これからも、女性の活躍を応援する様々な取組を実施していきます。皆さま方のこれまでのご支援に感謝申し上げるとともに、今後もより一層のご協力をお願い申し上げます。

奈良女子大学 男女共同参画推進機構長
藤原 素子