子育て支援関連

子育て支援Webシステム 「Webならっこ」

Webシステム「Webならっこ」を使ったサポーター派遣制度です。PCやスマートフォン、タブレットを用いて,サポーターに子どもの送迎や預かりなどを依頼します。子育て支援が必要な学生や職員など、本学に関係ある方が利用できます。
  • 支援内容:子どもの「送迎」や「一時預かり」
  • 支援対象の子ども:満3ヶ月~小学校6年生まで
  • 支援時間:午前7時30分~午後10時まで
  • 利用料金:平日9時~18時→700円/時間
    上記以外(早朝・夜間・土日祝等)→800円/時間
    これに交通費等の実費がプラスされます。
詳細はこちら>>ならっこネット概要ページへ

イベント託児システム「ならっこイベント」

本学の職員が行う講演会や研究会等において,来場者の方の子どもの預かり支援として使用することができます。
  • 支援内容:イベント開催期間中の「一時預かり」
  • 支援対象の子ども:満3ヶ月~小学校6年生まで
  • 支援時間:基本的にイベント開催時間+前後30分
  • 利用料金:イベント主催者に確認ください
詳細はこちら>>ならっこイベント概要ページへ

託児ルーム「ならっこルーム」

学内での子どもの預かり支援のための専用室「ならっこルーム」が使用できます。学生や職員の子どもの預かり支援に利用できます。その他にも,本学の職員が行う講演会や研究会等において,来場者の方の子どもの預かり支援として使用することができます。
  • 使用時間:午前7時30分~午後10時まで
詳細はこちら>>託児設備ページへ

ワークライフバランス支援相談室(旧 母性支援相談室)

学生・留学生、教職員の健康や育児・介護など、さまざまなご相談を専門カウンセラーが幅広く受け付けています。
  • 相談室は、原則予約制となっています。
  • 利用時間:相談室の予約方法ページよりご確認ください。
          → 相談室予約方法
  • 場所:H棟4階 リフレッシュコーナー
詳細はこちら>>ワークライフバランス支援相談室(旧 母性支援相談室)へ

ポストドクター育児支援金

育児中のポストドクターがキャリア形成への意欲を持続できるよう支援しています。
  • 支援内容:半年ごと利用経費の実費を授与(上限あり)。9月下旬と3月下旬に申請でき、過去半年間の実態に応じて10月と4月に支援金を授与
  • 支援対象:奈良女子大学子育て支援Webシステム「ならっこネット」に登録しているポストドクター
    託児対象は小学3年生以下
  • 利用できるケース:博士キャリア教育科目群の受講、大学院GP関連科目の受講、キャリアインタビューの実施の際に、「ならっこネット」を利用して託児するとき
詳細はこちら  >>キャリア開発支援本部HPへ(学内別サイト)

奈良女子大学「育児奨学金」

育児中の本学学部及び大学院に在籍する正規学生を支援しています。
  • 支援内容:半年ごと利用経費の実費を授与(上限あり)。4月~8月は9月に、10月~2月は2月
    に申請。
  • 支援対象:奈良女子大学子育て支援システム「ならっこネット」に登録・利用がある者
  • 条  件:休日・休業期間及び休学中の利用でないこと。
    利用者の子が小学3年生以下であること
詳細はこちら  >>学生生活課学生支援係HPへ(学内別サイト)